人工でも美しい口元に|自然治癒しない歯の病気は歯医者で治す|しっかり予約しよう
歯型

自然治癒しない歯の病気は歯医者で治す|しっかり予約しよう

人工でも美しい口元に

歯型

自然に見える素材が人気

歯科治療の際、歯を失って差し歯にするときは、人工の歯が使われます。人工の歯の種類には、銀やパラジウム、金、そしてレジンやセラミックがあります。後者二つは自然な乳白色なので、自然な仕上がりでちょっと見ただけでは人工のものとはほぼ分かりません。セラミックにも2種類あり、セラミックとオールセラミックに分けられます。通常のセラミックはメタルボンドとも呼ばれ、金属の土台の上にセラミックを被せたものです。金属が歯茎に接するため、長く使っているうちに黒ずみが移ることもあります。ニッケルやミロという金属を使うことが多いのですが、これらには金属アレルギーの心配があります。メタルボンドはかなり昔の技術であるため、オールセラミックの歯の方が今はよく使われています。

長持ちして強い素材

今主流になっているオールセラミックはジルコニアとも呼ばれます。ジルコニアとは人工ダイヤモンドのことで、非常に硬いのが特徴です。強度のあるジルコニアの上に、透明感のあるセラミックの素材を重ねたものは、本物と見分けがつかないくらい成功で見た目も美しい歯を作ることができます。金属が使われていないので、金属アレルギーの心配もありません。また、銀や合金の場合はセメント部分が溶けて外れたり、隙間ができてそこから新しい虫歯になるおそれもありますが、ジルコニアは強く接着して一体化するので、外れる心配がほぼありません。これらの治療は自費治療となり、ある程度高額になります。最近では保険治療でも可能なジルコニアも登場していますので、予算や希望に合わせて医師とよく相談することです。